東都 株式会社 TOUTO Co.,Ltd
 HOMEリフォームQ&Aお得な住まいの設備機器リフォームイベント情報アンケート会社案内お問合せ
リフォームのここが知りたい!Q&A
 はじめてのリフォームはなにかと疑問がいっぱい。「お金のこと、プランのコト・・・」
リフォームを計画する方が一度は悩みそうな、質問・疑問に東都のリフォームアドバイザーがお答えします。


■このコーナーへのご質問はメールにてお問い合せください。 Eメール touto1@silver.ocn.ne.jp



マンションリフォームを考えていますが、どんなリフォーム業者を選んだら良いのか迷っています。
業者さんに聞くのも変ですがアドバイスをいただけると助かります。(奈良市 Y・Mさん 公務員)
どんな業者を選ぶべきか。本当に悩むところですね。リフォーム業者によっては、工事の内容に得手不得手がある場合もあります。例えば、内装を主に請け負っている業者に全面リフォームを頼むのはちょっと心配かもしれません。また、いちがいには言えませんが、次の様な業者には注意する必要がありそうです。

■無理な勧誘をしてくる
■工事が外注で、どんな業者が施工するのかわからない
■営業への連絡が付きにくかったり、対応に不満がある
■工期がはっきりしない
■多額の前払金を要求してくる
■一式いくら等の見積りを書いてくる。

全面改装したいと思いますが、近くに実家や親戚 がないので、
住みながらのリフォームにしたいと思っています。問題はありますか?(吹田市  R・Eさん 公務員)
もちろん、住みながらリフォームすることは可能です。 デメリットとしては
●工事で発生するほこりや騒音を我慢しなければならない。
●限られたスペースでの生活となる。
●一時転居に比べ、多少工期が延びる。

しかし、次のようなメリットもあります。
●毎日、工事の内容を確認しながら進めることができる。
●一時転居の費用が必要ない。
●工事途中の追加や変更を発注することができる。

工事内容や生活パターンによって、どちらかを選択することになりますが、どちらもメリット・デメリットがありますので、業者と相談して決定してください。

▲このページの上へ

介護保険を活用してリフォームしたいと思いますが、どのようなリフォームが対象となりますか?
また、どのような手続きが必要ですか? (城東区 M・Aさん 無職 )
次の条件が介護保険の適用されるリフォーム例です。 介護保険対象者(介護保険に加入されている65歳以上の方か、40歳から64歳までの医療保険に加入されている方)で、
要介護認定を受けた方が、
暮らしをサポートする住宅改修や設備機器(福祉用具)を購入し、
申請して、これが介護に必要なものと認定されれば、
かかった費用の全部もしくは一部が支給されます。(全部が支給される場合でも、一割は自己負担になります。)
また自治体によっては、身体に障害を持つ人を対象とした「住宅改修助成制度」により、リフォーム費用の一部をサポートしてくれます。 東都にご相談いただければ、制度の詳細をお調べいたします。
サービスの対象:「バリアフリーへの改修」「手すり設置」「腰掛け便座の購入」など

※自治体ごとに申請システムや支給金額に違いがあり、手続きは大変繁雑です。 東都にお任せいただければ、手続きを代行いたします。

▲このページの上へ

築18年のマンションに住んでいます。 現在、内装のリフォームを検討していますが、
その他どこを優先的にリフォームしたらいいのか悩んでいます。(西区  K・Nさん 主婦)
築18年といえば、リフォーム適齢期ですね。 さて、ここで問題となるのが「どんなタイミングで、どこをリフォームするのか」ということです。最初に傷みを感じはじめるのは内装ですが、実は目に見えている所だが問題ではありまん。
一般的に築10年を超えるとキッチンやバスなど、水まわりの傷みが生じて来ます。 この段階では、目に見えない水まわりの部分、給排水管の傷みも予想されます。上は築15年のユニットバスを撤去した後ですが、浴槽のあった下にはカビがびっしり生えていました。このカビが嫌な臭いの原因になっていたようです。 さらにキッチンを撤去し、配管を調べてみると、下の様な状態に・・・
配管は長年の加熱冷却で歪んだり破損したりすることも有り得ますので、階下への漏水等、大きなリスクを背負い込む前に、定期的な点検、リフォームを実施したいものです。  またさらに、お子様の独立に合わせ間取りを変更したり、将来に備えてバリアフリー化するなど、ライフスタイルに合せたリフォームもご検討されてみてはいかがでしょうか。しかし、実際のところ、資金計画はもっとも大切な要素です。無理のない範囲で実現可能なところから、リフォームされてみてはいかがでしょうか?  また、リフォームは一回すれば終わりという訳ではなく、特に水まわりは定期的にメンテナンスする必要があります。日ごろから資金計画を立て、楽しみながらリフォームのプランづくりができるよう、工夫されてはいかがでしょうか。

キッチンとバスをメインに水まわりのリフォームを考えていますが、
性能等を考えると、どの商品が良いのか悩んでしまいます。 (鶴見区  Y・Iさん 主婦)
リフォームの目的に合った商品を選ぶ必要があります。一般的に新しい商品ほど高性能といった傾向があります。 カタログで機能を調べるべるのも有効ですが、ショウルームで実物を見てみることが大切だと思います。 使い勝手など、リフォームの目的に沿っているか、実際に確認してみてください。 インテリアを重視している場合など、カタログだけでは雰囲気まで伝わりにくいものです。 尚、寸法や施工の可・不可等はリフォーム業者に任せてください。  また、水まわりのリフォームで、忘れがちなのが、給湯器です。台所とシャワーを同時に使うと、「ぬるいお湯しか出ない」というようなことが無いよう、一クラス上の給湯器を設置すれば、さらに気持ちよく使えます。

息子が独立し、一部屋空いたためキッチンや風呂の位置を変えた全面改装を考えていますが、
実現可能でしょうか?(中央区  S・Kさん 会社役員)
もちろん、住みながらリフォームすることは可能です。 デメリットとしては
●工事で発生するほこりや騒音を我慢しなければならない。
●限られたスペースでの生活となる。
●一時転居に比べ、多少工期が延びる。
しかし、次のようなメリットもあります。
●毎日、工事の内容を確認しながら進めることができる。
●一時転居の費用が必要ない。
●工事途中の追加や変更を発注することができる。
工事内容や生活パターンによって、どちらかを選択することになりますが、どちらもメリット・デメリットがありますので、業者と相談して決定してください。

マンションに住んでいますが、収納スペースが狭く、困っています。
なにか良い解決方法はないでしょうか? (東淀川区  Y・Fさん 主婦)
収納については、さまざまな方法があります。
●壁面にクローゼットを設置する。
●クローゼットの中に棚やタンスを設置する。
●「畳が丘」を活用する。
●キッチン収納は吊り戸棚を有効利用。ソフトダウンで出し入れを楽に。
●小さなデッドスペースも収納スペースに改装する。
●収納専用の部屋(またはウォークインクローゼットなど)を設置できるか検討してみる。
などですが、基本的には整理整頓し、いらない物は処分することが必要です。 リフォームの前には、片付けが必要となりますから、一石二鳥ではないでしょうか?

▲このページの上へ



■ 他社見積書を無料診断 ■
本体価格や施工費・付帯工事費など、普段あまり目にしない『見積書』
無駄な費用や、適正価格なのかなど疑問に思われること?当社へその『見積書』をFAXでお送りください。
各メーカー取扱店としてのノウハウと、創業以来<施工件数約8万件>の実績から、
プロの目で見た『見積書・診断』をお送りいたします。
●当社へお送りいただくもの    
@見積書 A貴方様のお名前・ご住所・電話番号・FAX番号・メールアドレスなど
*当社へ着信後、1週間以内に診断結果をご報告させていただきます。
*この見積書診断は無料です。また当社からのセールスは行いません。
*お寄せいただきました情報は、「個人情報保護基本方針」を遵守いたします。
FAX: 06-6964-0265 (東都・他社見積書無料診断)係り


東都 株式会社 大阪市鶴見区今津中5丁目1-20 TEL.06-6964-1010 FAX,06-6964-0265 E-mail:touto1@silver.ocn.ne.jp
Copyrightc TOUTO Co.,Ltd. All Rights Reserved.